着物で満喫!タイムトリップだてま散歩

歴女代表!
みちのく伊達政宗歴史館
公式アンバサダー

磯部 深雪さん

着物に身を包み、政宗公の生きた時代を感じながら
松島の名所を歩く観光コースを考えました!
政宗公への愛溢れる解説もあわせて
楽しみください!

1日の流れ

10:00

JR松島海岸駅

徒歩

10:10

観瀾亭(かんらんてい)・松島博物館

徒歩

11:00

瑞巌寺(ずいがんじ)

徒歩

12:30

松島蒲鉾本舗 総本店

徒歩

13:00

松島五大堂

徒歩

13:45

みちのく伊達政宗歴史館

徒歩

15:30

むとう屋

モデルコース

10:00

JR松島海岸駅

Matsushimakaigan Station

JR仙石線で仙台駅から約40分。
日本三景松島観光の玄関口!

着物でゆっくり歩いて8分

10:10

観瀾亭・松島博物館

Kanrantei & Matsushima Museum

歴代藩主も眺めた
多島美を見ながら風流に浸る

政宗公が豊臣秀吉から譲り受けた伏見桃山城の一棟で、江戸の藩邸に移築したものを 二代藩主忠宗が一木一石も変えぬようにと命じ、ここに移したと伝えられています。藩主・姫君・側室等の松島遊覧の際に宿泊、接待用の施設「御仮屋」として利用されていました。もともとこの場所は月見崎と呼ばれる地で、今でも中秋の名月の時期に「お月見の会」が催されています。

磯部さん

政宗様も眺めた絶景を見ながらお抹茶が飲めるなんて最高!

まさやん

いい眺めですやん〜ぼくも島の間を船あそびしたいですやん。

磯部さん

政宗様も眺めた絶景を見ながらお抹茶が飲めるなんて最高!

まさやん

いい眺めですやん〜ぼくも島の間を船あそびしたいですやん。

着物でゆっくり歩いて7分

11:00

瑞巌寺

Zuiganji

松島に来たらここは外せない!
伊達家の菩提寺 瑞巌寺へ

関ヶ原の戦い後、仙台藩を開いた伊達政宗公は、仙台城の築城と併せて、民衆たちの精神的な拠り所とするため、盛んに神社仏閣の造営を行いました。中でも自らの菩提寺として再建に心血を注いだのが、瑞巌寺です。

磯部さん

岩山に囲まれ、海からしか侵入できないその造りから、「実は寺に見せかけた城だったのでは?」という憶測がされていたけど、近年の調査でやっぱり寺だったと証明されたのよ。

まさやん

そっかー ちょっと残念!でも歴史が解明されていくのもロマンですやん。

磯部さん

岩山に囲まれ、海からしか侵入できないその造りから、「実は寺に見せかけた城だったのでは?」という憶測がされていたけど、近年の調査でやっぱり寺だったと証明されたのよ。

まさやん

そっかー ちょっと残念!でも歴史が解明されていくのもロマンですやん。